読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間の狭さについて

こんばんは。

 

つい数分前に世間って狭いなぁと感じる事がありましたので、今回は世間の狭さについて思っている事を綴ります。

 

さて、何があって世間の狭さを感じたのかと言いますと、まず私は塾講師をアルバイトでしているのですが、たまたま昨年持っていた受験生(高3)と私の幼なじみ(4月から社会人)が、なんと付き合っていた(る)のです。

 

だから何だよって話ではありますが、何と言うか、そんな事あるのかよと個人的に思うわけです。

 

巡り合わせがすごいな、と。

たまたまアルバイト先で関わりを持つようになった子と、たまたま親同士が仲良くて幼なじみになったやつが、たまたま付き合っている、と。

 

ただそれだけの話なのですが、にしても世間って狭いなとつくづく思うのです。

私は前回に書いたように人を選ぶので、自身が所属している(と感じられる)コミュニティは少ないはず?なのですが、その数少ない繋がりの中でも意外な組み合わせが出来上がったりするものなのだなと。

そして、そんな風に出来上がる組み合わせは、いつも私を驚かせる形でしか現れないなと思うわけです(まぁ意外と書いたので当たり前ですが)。

 

前述の話だけを取り出すと過度の一般化になりますが、やっぱり世間の狭さってあるなと感じます。

広いはずなんですけどね。私が思っている限りでは。

 

「なぜ世間は思っている以上に狭いと感じるのか?」についての研究とかってあったりするのでしょうか?

もしこれを見て誰か知っている人がいれば教えてください。笑

 

というわけで、今回はこの辺りで。